シューズラボ & オンラインストア

ショッピングカート
3,900円(税別)以上のご購入で送料無料

トップページ > 靴と脚悩みコラム > 靴業界用語 > 足や靴に関する用語いくつ知っていますか?

足や靴に関する用語いくつ知っていますか?

突然ですが、靴を販売するお店やウェブサイトなどを見ていると・・・

「“アッパー”には高見えする生地を使いました。」

「“返り”が良く、歩きやすい!」

などなど、ちょっと「んっ?」となる言葉を目にすることがありますよね。

なんとなくわかってはいるけど、

ちゃんとした意味を知らない用語がある、

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、靴を選んだりケアを行うときに

知っているときっと役立つ用語を解説していきます!

【足のサイズ編】

〇足長(そくちょう)

→踵の先端から足指の一番長い指の先端までを結んだ距離。

〇足幅(そくふく)

→親指の関節の一番出ている部分と小指関節の一番出ている部分を結んだ距離。

〇足囲(そくい)

→足幅の箇所で足裏、甲にかけてぐるっと一周した長さのこと。

甲の高さも関係してくる数値です。

足囲は、「ワイズ」と呼ばれることもあります。

日本の靴のサイズは、JIS規格(日本工業規格)に基づいて定められています。

〈参照 2020-4-08 閲覧〉

日本産業標準調査会 

規格番号:JISS5037 規格名称:靴のサイズ

https://www.jisc.go.jp/app/jis/general/GnrJISNumberNameSearchList?toGnrJISStandardDetailList

足幅、足囲と合わせて

A・B・C・D・E・EE(2E)・EEE(3E)・EEEE(4E)・F

の9段階に分かれており、

Aに近いほど足囲・足幅が小さく、

Fに近いほど足囲・足幅が大きい足ということになります。

Eや3Eなどの表記は足囲と足幅を表しているにすぎず、

履きやすさの目安ではないということです。

自分の足のサイズを把握し、

自分の足に合った靴を選ぶことが大切なんですね。

また、足のサイズは日々変化しています。

子供から大人に成長する過程で変化していくのはもちろんですが・・・

朝夕や体調によっても微妙な変化があります。

例えば、朝は普通に履けたパンプスが

夕方になるとキツイ!といったむくみによる変化は、

心当たりがある!という方も多いのではないでしょうか?

靴のサイズはあくまでも「目安」ととらえ、

靴を購入する際は必ず試し履きをするようにしましょう!

そして、履いたまま周辺を数歩歩いてみましょう。

自分の足に合うのか合わないのか?より判断しやすくなりますよ。

フィットパートナーサイトでは、

la farfa SHOES・earth music&ecology Blue Labelの

2ブランドのサイズ表を掲載中。

★la farfa SHOES サイズ表

https://www.fitpartner.jp/lafarfa-size.pdf

★earth music&ecology Blue Label サイズ表

(※木型をもとにした寸法となるのでご注意ください。)

実際に試し履きをしてから購入したいけど、

販売店舗が家の近くに無い・・・という方は、

先述した足長・足幅・足囲、そしてサイズ表を参考に、

自分の足に合いそうなサイズを探してみてください。

また、同じ23.5cmの靴でも、ブランドによって

多少の違いがある場合がありますのでご注意ください。

【靴の用語編】

〇アッパー

→靴の上部のこと。靴底とヒール部分以外のこと。

〇防水

→生地の裏側まで水を通さないようにすること。

レインシューズなどだと、生地の隙間を埋めるような加工がされています。

内部に水を通さない仕様なので、水をはじくとは限りません。

〇撥水(はっ水)

→水をはじきやすくしたもの。

一般的に、生地についた水をはじいてウエアなどを湿らせないようにすること。

はっ水効果は、使用していくうちにだんだんと薄れていきます。

防水とはっ水、それぞれどのような仕様なのか混乱してしまいやすいですよね。

筆者も最初は違いがあまりよくわかりませんでした・・・汗

〇低反発クッション

→じんわりと沈んで足裏をソフトに包み込むことで

体重を分散し、足への疲労を緩和してくれるという特徴があります。

〇高反発クッション

→低反発クッションとは違い押し戻す力が強く、

圧縮後に復元しやすくへたりにくいのが特徴。

この特長を利用して、スポーツ用品などにも多く使われています。

フィットパートナーサイト内で取り扱っている

ラ・ファーファシューズでは、

低反発クッションと高反発クッションを組み合わせた

こだわりのインソールを使用しています。

↑そのつよいこだわりは、こちらのURLからチェック!

〇リフト

→パンプスなどのヒールの先端についているパーツのこと。

リフトは、靴を履いているうちにだんだんと削れていきます。

ヒールまで達してしまったら、交換の目安です◎

〇返り

→靴の屈曲性のこと。

歩行時にソールがよく曲がることを、「返りが良い」と言います。

以上、ほんのごくごく一部ではありますが、

足や靴に関する用語のお話でした。

他にも、足や靴に関する用語はたっっくさんあります!

聞いたことがない、見たことがない用語に出会った時は、

ぜひ調べてみてください。

おうち時間を利用して、より靴に詳しくなっちゃいましょう!

フィットパートナーサイト公式オンラインストア

様々な足の悩みを解決したい!

そんな想いを込めてつくった様々なシューズを取り揃えています。

【参考文献】

一般社団法人足と靴と健康協議会(2020-4-08 閲覧)

現在のイベント

PAGE TOP