シューズラボ & オンラインストア

ショッピングカート
3,900円(税別)以上のご購入で送料無料

トップページ > 靴と脚悩みコラム > 妊婦さん・子育てママ > 妊娠中の体で気になる「妊娠線」とは?症状やケア方法を知っておこう

妊娠中の体で気になる「妊娠線」とは?
症状やケア方法を知っておこう

妊娠線写真

妊娠するとお腹にできるという妊娠線。普段から美容に気を使っているプレママにとっては気になる症状ではないでしょうか。
この記事では妊娠線ができる原因をはじめ、予防ケアの方法について解説しています。事前のケアで妊娠線ができにくい体づくりを目指しましょう!

そもそも「妊娠線」とはどんな症状なの?

妊娠線とは、妊娠中期から後期にかけて膨らんだお腹の周囲に主に現れる、縦じまの線のことを指します。
色は赤やピンク、紫で、まるですいかのようなラインが特徴です。
一度できてしまった妊娠線は完全に消えることがなく、最終的には肌の色よりも白っぽくなって残ります。

「妊娠線」と間違えやすい「正中線」を知っておこう

妊娠線と間違われやすい症状に「正中線」があります。
正中線はおへそ付近から恥骨にかけて現れる、黒っぽくてまっすぐな線です。
実は生まれつき、性別・年齢問わず全員が持っています。
普段はとても薄い色づきで白や透明なことが多く、目視できることが少ないのです。

妊娠中はお腹が大きくなる影響で皮膚が薄くなり、もともとあった正中線が見えやすくなります。
それに加えてホルモンの影響でメラニン色素が多くなり、色素沈着を起こして黒っぽく変色し、目立つようになるというわけです。

正中線は産後、お腹のサイズやホルモンバランスが戻るとまた白くなり、見えなくなります。
この点も妊娠線とは違うポイントです。

「妊娠線」ができる原因を徹底解説!

人間の皮膚は外側から順に、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つで構成されています。
「表皮」は3つの中で最も柔らかく、よく伸びるパーツです。
その下の「真皮」は、表皮と比べると伸びにくい特徴があります。
さらに下の「皮下組織」は、ざっくりいうと脂肪がつく場所です。
体重が増加すると皮下組織に脂肪がつき、真皮と表皮が引っ張られます。
表皮は柔らかいので伸びてくれますが、真皮は伸縮性に欠けるため伸びるのが間に合わず裂けてしまい、妊娠線となってしまうのです。
「裂けているのに血が出ないのはなぜ?」と思うかもしれませんが、表皮は裂けずに伸びているので出血はしないのです。

ちなみに妊娠線は、妊娠中に必ず現れるわけではありません。
下のような条件が揃うと、妊娠線ができやすくなります。

-体重の急激な増加
-乾燥肌である
-体(骨盤)が小さい
-経産婦である
-多胎妊娠(双子など)である

体重増加スピードが速いと真皮が裂けやすく、妊娠線ができやすくなります。
また、乾燥肌の場合も伸縮性が弱いため、同様にできやすくなってしまうのです。

体の小ささや経産婦、多胎妊娠には「お腹が膨らみやすい」という共通点があります。
ゆっくり大きくなれば皮膚は伸びやすいのですが、速くお腹が膨らむ人は皮膚の伸縮が間に合わず、妊娠線が現れがちです。

妊娠線はお腹だけじゃない!?体のこんな場所にできやすい

「妊娠線=お腹にできる」
多くの人がそう思っているのではないでしょうか?
実は妊娠線はお腹以外にも、こんな場所に現れやすいんです。

-二の腕
-脇まわり
-バスト周辺
-太もも
-膝の裏

どのパーツも妊娠により脂肪がつきやすかったり、皮膚がもともと薄かったりする部位です。
特に脇やバスト周辺は、妊娠中に胸が大きくなる影響で皮膚がひっぱられやすい部分。
「気がついたら妊娠線ができていた!」ということも少なくありません。

妊娠中のケアで妊娠線を予防しよう

妊娠線予防には、体重管理と乾燥予防が効果的です!
なるべく急激な体重増加が起きないよう、適度な運動を心がけ食事管理を行いましょう。

乾燥予防には、ボディクリームなどを使った保湿対策が重要です。
妊娠線予防に特化したクリームも販売されているので、チェックしてみましょう。
妊娠線予防クリームの多くは無香料です。
出産するまでつわりが続く場合は、ケア用品の匂いで気分が悪くなりがち。
体調が不安定になりがちなプレママには特に、専用アイテムをおすすめします。

また、なるべくストレスをためないように生活するのも大切です。
ストレスがたまると副腎皮質ホルモンが分泌されやすくなるといわれています。
妊娠中は精神的に不安定になりやすいものです。
好きなことをしたり、無理のない程度に外に出て太陽の光を浴びたりと、積極的に気分転換をしてストレスフリーを心がけましょう。

もし妊娠線ができてしまったら?

一度できてしまった妊娠線は、残念ながら自然に消えることはありません。
できることといえば、これ以上増えないように体重管理や乾燥予防といった対策をすることです。
とはいえ、どうしても跡が気になることもありますよね。
最近ではレーザーなどを使って、妊娠線の跡を薄くする美容整形も行われています。
出産後の体や生活が落ち着いてから、美容外科に相談するのもひとつの対策です。

まとめ:できるケアを取り入れながらリラックスして過ごそう!

お腹周りにできやすい妊娠線は日常の中で目に入りやすく、気になる症状です。
日に日に増えていくと、それ自体がストレスになることもあるかもしれません。
ですが妊娠線は、お腹の中で一所懸命赤ちゃんを育てている証でもあります。
お腹の赤ちゃんと一体でいられる期間は限られたものです。
できる範囲でケアを取り入れつつ、お腹の赤ちゃんと一緒の時間を楽しみながら、リラックスして過ごしていきましょう!

PAGE TOP