シューズラボ & オンラインストア

ショッピングカート
3,900円(税別)以上のご購入で送料無料

トップページ > 靴と脚悩みコラム > ヘルス > 自分でできる【冷え】対策!冬・夏、季節別でお伝えします!

自分でできる【冷え】対策!
冬・夏、季節別でお伝えします!

雪だるま

冬の冷え対策

気温が下がる冬は、身体も冷えやすくなりますよね。体を温める効果のある食材をとって、内側から冷えを予防しましょう。

しょうがや根菜類(大根、さつまいも、にんじん、ごぼうなど)、血行を良くするビタミンEが豊富に含まれる食材(かぼちゃ、ほうれん草、アボカド、アーモンドなど)を積極的にとるのがおすすめ[1]です。

また、「三つの首」を温めることも冷えには効果的[2]です。太い血管が走っている「首」は、冷えると体温が下がりやすくなるので、マフラーなどを使って温めるようにしましょう。

手足の冷えを感じる人は、「手首」「足首」を温めてください。厚手の靴下やレッグウォーマー、手袋、アームウォーマーなどを使うのも良いでしょう。[3]

夏の冷え対策

気温が高く、薄着で過ごしたい季節ですが、エアコンの冷風や冷たいもののとりすぎによって身体が冷えやすくなります。氷の入った飲み物やアイスクリームなどは控えめにしましょう。

また、夏野菜のきゅうり、なす、ゴーヤ、トマトなどは身体を冷やす食材[1]です。食べすぎには注意しましょう。入浴をシャワーだけですませずに、湯船につかって体を温めるのも効果的[2]ですよ。

「運動」は季節を問わずにできる冷え対策

散歩やストレッチなど、軽い運動を行うことも、冷えには効果的。

筋肉量が増えると、体が冷えにくくなります。

上半身の筋肉だけでなく、筋肉量が多い下肢(太ももなど)を鍛えるのも有効です。

その場合は筋トレなどの強度の強い運動でなくても大丈夫。

日常に取り入れらえる、気軽に続けられることから始めるのが長続きのひけつです。

PAGE TOP